上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨ニモマケズ。。。





リビングのユリたち



雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ アツサニモ マケヌ

丈夫ナカラダヲ モチ

欲ハ ナク 決シテ瞋ラズ 

イツモシズカニ ワラッテヰル

一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲ タベ 

アラユルコトヲ

ジブンヲカンジョウニ 入レズニ 

ヨク ミキキシ ワカリ 

ソシテ ワスレズ

野原ノ松林ノ蔭ノ

小サナ 萱ブキノ小屋ニヰテ 

東ニ 病気ノ子供アレバ 

行ツテ看病シテヤリ

西ニ ツカレタ母アレバ 

行ツテ ソノ稲ノ束ヲ負ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ

行ツテ コワガラナクテモイイトイヒ

北ニケンクワヤ ソショウガ アレバ

ツマラナイカラ ヤメロトイヒ

ヒデリノ トキワ ナミダヲ ナガシ

サムサノ ナツハ オロオロアルキ

ミンナニデクノボウト ヨバレ

ホメラレモセズ 

クニモサレズ

サウイフモノニ

ワタシハ

ナリタイ


宮沢 賢治





-----------



雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な体を持ち
慾はなく 決して瞋らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の蔭の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもいゝと言い
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないから止めろと言い
日照りのときは涙を流し
寒さの夏はオロオロ歩き
みんなにデクノ坊と呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういう者に
私はなりたい  




宮沢賢治(みやざわ・けんじ)
=(1896-1933)詩人・童話作家。岩手県生
まれ。盛岡高等農林卒。花巻で農業指導者として活躍のかたわら創作。
自然と農民生活で育まれた独特の宇宙的感覚や宗教的心情にみちた
詩と童話を残した。生涯、法華経を敬信。童話「銀河鉄道の夜」「風の又
三郎」、詩集「春と修羅」など。          (『大辞林』第2版による)




昨日一昨日と、部屋を片づけていた時に出てきた、

海外へのお土産として購入しておいた扇子に、書かれていた宮沢賢治の詩。



私が気に入って、母の看病の時の片道2時間半の道中も、

母へやわらかい風をおくる時にも、

使っていました。



宮沢賢治を読みたいな。




ありがとうございます。


ありがとうございます。

















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiyo080224megumi.blog82.fc2.com/tb.php/233-646600e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。