上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 春分の日。。。 


春分の日は、朝起きると、
母が大きなボールに山ほどのおはぎを作ってくれていた。

手作りのアズキは、まだ熱く、母の手のひらは、赤く熱くなって,
左右交互におはぎが移って形が整えられていく。

家族みんな、そのおはぎが、大好きだった

アズキの甘さといい、大きさといい、教えてもらっておけば良かったなぁ。


我が家は、神道なので、春分の日は、おはぎをお霊社に、お持ちして、
それで、たくさんいただく、美味しい日でした。


庭の大きな白モクレンも、ツボミが大きくなって、

ちょうど風が新しくなる季節、ふんわり温かさを運んでくれる。

春風の子どもを、感じると、ワクワクする。


お日さまの照る時間と夜の時間がだいたい、おんなじくらいに、なるんだそうだ。


イースターも、近づいてくるんですね。

春だ~

春分の日が、近くなると、私の年齢に近づいた母の倒れた日がやってくる…。

甘く、せつない永遠の宝物の日。


あのおはぎは、幻の一品。今度会ったら、一緒に台所で作りたい



良い祝日をお過ごしくださいね


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiyo080224megumi.blog82.fc2.com/tb.php/17-7313d056
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。