上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.15 感動の嵐…。
 感動の嵐…。

武本先生のともしび



感動の嵐の昨日だった。

陽気もよく、小春日和な日もある最近…。

こもりがちな私なのだけれど、

長年勤めていた都市部に出かけ、
武本昌三先生のセミナーを昨年に続き、
聞くチャンスをいただきました。

武本先生は、私が学生時代の頃にあった大韓航空事件で、
息子さんと、奥さまをなくされて、大きな大きな試練を、
バネになさり、真理を追究されていらっしゃる方です。


偶然ということはなく、
出会わせてくださった方がいらしたので、
武本先生に昨年に続きお会いできました。

…昨年の私は、
かなり、ボロボロだったようだ。

その前年の中頃に、いとおしい母との目に見える生活が、終わったからでも、あった。


その頃の武本先生のセミナー後のひとこと日記を今日見たら、
「人生変わった!」と、ある。

そんなこと、あまりいわないタイプな私なのに。


そして、今年、
自分がどんなことに足を向けているのか、
心を傾けているのか、
実行しているのか…を、問われた様に感じました。


『本当は何なのか? 何が本当なのか?
人間とは、何か? 自分とは、何か?

大事なことは、乗り越えること、立ち上がること。

自分を地球サイズに閉じ込めないで、宇宙に住んでいると、考え、
日々、目に見えない霊性スケールを一歩一歩と歩むこと。』

と、熱く熱く、お話しをしてくださいました。


たくさんの書物を読まれ、いろいろな方のお名前がでましたが、

「もし、無人島に今から行くとしたら、
僕は、シルバーバーチ(の本)を1冊持っていきます。」

「信じるのではなく、確信しています。」
と、おっしゃっられたのも、

自分ではきづいていない、生ぬるい自分の日々に、
ドンドンと、背中を押していただきました。

何と、ありがたいことか…。


例えば、本を読んでも忘れてしまったり…、
感動しても、だんだん薄れたり…、
大切にしていこうと、思っても意に反することをしていったり…、
生きていると、いろいろ矛盾があるけれど。


カメの様に、ゆっくりだけれど、
地味なこと、見えないことだけれど、
〈探し続けたい。私が生まれてきたのは何?〉と、思っていたこの頃でした。


ヒットでした!!命中です。


「何度も何度も、繰り返し読んだら良い。」と、おっしゃられたことばで、
今は、目が疲れて本が読みにくいので、
今日、早速CDブックを頼んだ。

CDブックを、
唄を聴くように、唄を歌うように、聴いてみようと思う。
これなら、できる。

シルバーバーチの肉声だそうなので、
きっと私の中の、
見つけたい想いに、反応することだろう。


昨日のセミナーの内容がお伝えできなくて、申し訳ありません。

昨年もそうでしたが、
武本先生のお話は、『宇宙の学校で受けたい授業』の様な、
時が早まわしになって終わりの時間になる。

一年で数少ない日感動の出来事でした。


今日も、おつきあい下さって、ありがとうございます。

とてもつたない文章ですが、
もし、何かヒントになることが、みなさまにありましたら、幸いです。

ありがとうございます



武本 昌三先生のホームページです。

武本昌三先生 ともしび


先生に、ご了解をいただきまして、書かせていただきました。
また、ともしびの画像をお借りしております。ありがとうございます。


ありがとうございます。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiyo080224megumi.blog82.fc2.com/tb.php/15-e497084c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。