上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.13 天体。。。
 天体。。。 




秋の十三夜




こんばんは~。

いつも、ありがとうございます。

ありがとうございます。



体育の日の今日、こちらは、美しい秋の日になりました。

みなさんのところは、いかがでしょうか。



お蔭さまで、実家の仮住まい引越しも、昨日無事に終わりました。

ダンボールがどこを見てもありますが、

新居ができるまで開かないダンボールも仮住まいの14畳の部屋に入り、

トランクルームも不要となりました。


父の食欲もすごいもので、安心しました。

あぁ~。みんなありがたいことです。





お月様、見上げると十三夜なんですね…。

きれいな形に、見とれてしまった旦那Y。パチリです。



私は、その時、ヤフーのニュースで水星が、キレイだな~。と、見とれていました。














水星


NASA宇宙探査機メッセンジャーから届いた水星初の全球写真
10月13日18時0分配信 ギズモード・ジャパン より ↓


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081013-00000004-giz-ent

『水星をぐるぐる回るミッションを背負って一人旅に出たNASA宇宙探査機メッセンジャー(MErcury Surface, Space ENvironment, GEochemistry and Ranging spacecraftの頭文字でMESSENGER)が6日東時間4:40AMごろ、水星上空たった125マイル(約200km)まで接近通過しました。

この写真は、翌7日東時間1:50AMごろから地球に届いた最新ショットからの1枚です。何百枚と写真も激写してくれたようですよ。

水星と言えば太陽系で一番小さくて、太陽に最も近い惑星ですよね。その全球をこれだけの解像度で、こんな細かいディテールまで超鮮明に撮影できたのは人類史上初の快挙です。

 
【NASA宇宙探査機メッセンジャーから届いた水星初の全球写真(拡大写真)】
http://www.gizmodo.jp/2008/10/nasa_10.html
 
水星のクローズアップ撮影はマリナー10号探査ミッションが最初でしたが、当時は接近通過中に片面撮れただけ。カメラも解像度が低く、直径0.99マイル(1593m)しか撮影はかないませんでした。

それが今回のMessengerでは広角カメラと狭角カメラの解像度は直径59フィート(17m)で、全球の撮影が可能とのこと。太陽の光熱が心配ですけど、回転するソーラーパネルのお陰で温度、発電量、多層断熱システムのバランスを保ちながら撮影は続行する、ということです。


参照サイト : http://www.nasa.gov/mission_pages/messenger/main/index.html [NASA]
参照サイト : http://www.nasa.gov/mission_pages/messenger/multimedia/index.html [全ギャラリー] 

 
写真クレジット:NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Carnegie Institution of Washington

Jesus Diaz(訳:satomi)』





空と私たち。

よく、つながっているでしょうか。


良い週の始まりになりますように。



ありがとうございます。


ありがとうございます。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiyo080224megumi.blog82.fc2.com/tb.php/143-10504095
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。