上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生をかえた出あい。。。


0605 鎌倉
6/5 鎌倉講演会 クリックしてください。




こんにちは。

9ヶ月も記すことができずご無沙汰しておりました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?


今日は、春のあの日以来、感じることができなかった平和な気持ちの1日となりました。


何もかも、すべてが戻ることはないけれど、

きっときっと、きっと支えあい励ましあって生きていくことができると、

気づかせていただきました。

ありがとうございます。


私にとってのことかもしれませんが、

人生をかえたふたつのすばらしい会が明日、2つあります。

どうぞ皆さま、

よろしかったらご参加くださいませ。



東京・江東区にて
…………………………………………………………………………
武本昌三
「天国からの手紙―愛する家族との18年間の霊界通信」
6月5日 出版記念講演会

生と死の真実を求めて

…………………………………………………………………………

1983年の大韓航空機撃墜事件で、
最愛の家族(妻と長男)を一瞬にして失った
武本昌三さん(跡見学園女子大学名誉教授)。

悲しみと絶望が消えないまま
慟哭と悲嘆の日を送っていました。

それが一転するのは、1992年ロンドンの大英心霊協会での
霊界にいる長男との「再会」からでした。

5月31日出版の著書「天国からの手紙」(学習研究社)は、
遺された武本さん自身が絶望の淵から
どのようにして救われたのかを語りながら、
18年間の霊界通信とともに、
生と死、命、魂とは何かを伝え、愛する人を亡くした人たち、
死を怖れる人たちに贈る自伝的メッセージ本です。

◆◇◆◇◆◇「天国からの手紙」終章より◆◇◆◇◆◇

人は死なない。というより、死ぬことができない。
愛する家族も、死んではいない。いまも生き続けている。
話し合えないことも決してない。
確かに、その姿は目の前には見えないかもしれない。
しかし、もう永遠に会えない、となぜ思い込むのか。
話し合うこともできないと、誰がそう言ったのか。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆

…………………………………………………………………………………

下記のように、武本昌三出版記念講演会を開催いたします。
ご参加をお待ちしております。

くわしくは、武本昌三「ともしび」ホームページをご覧ください。
http://www.takemoto-shozo.com/

…………………………………………………………………………………

【日時】6月5日(日)14時開演(13時半~受付)

【場所】清澄庭園「大正記念館」(江東区清澄3-3-9 TEL 03-3641-5892)
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
   
【アクセス】東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河」
      A3出口下車 徒歩3分
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access033.html

【スケジュール】
☆13:30~    受付
☆14:00~15:30 武本昌三講演会、質疑応答
☆15:30~   「天国からの手紙」サイン会
 
終了後、清澄庭園の散策をお楽しみください。
閉園は17時、入園は16時30分まで。

【会費】
☆ 1,000円、15歳以下は500円
☆ 3,000円(著書「天国からの手紙」2,100円購入ご希望の方)

*清澄庭園の入園券(150円)付きです。
*当日、受付にてお支払いください。
*著書の購入をご希望の方は、お申し込み時にお知らせください。

【定員】150名
*定員となり次第、締め切らせていただきます。

【お申し込み&お問い合わせ】
(株)ジェイド、占い&ヒーリングスペース「桜」(担当:山中)

TEL: 03-6273-2548 
E-mail : sakura@e-jade.co.jp 

■電話でお申し込みの場合

お名前、電話番号、「本を希望/希望しない」をお聞きします。
数名でのお申し込みの場合、
代表者のお名前と参加人数、各自の本の希望もお知らせください。

■ Eメールでのお申し込みの場合

件名を「武本昌三講演会」とし、お名前、電話番号、
「本を希望/希望しない」のいずれかを必ずご明記ください。
数名でお申し込みの場合、
代表者のお名前と参加人数、各自の本の希望もお知らせください。
返信メールが届きましたら、申し込み完了となります。



******************************************

6/5(日)鎌倉市 ひまわり教室講演会 心と心が通うとき

山元加津子さん&池川明さん講演会

会場:鎌倉女子大学二階堂学舎 「松本尚記念ホール」
(鎌倉東口駅より京急バスで10分「杉本観音」下車)

時間:13:00~15:30(12:30会場)
    第一部  山元 加津子さん講演会(13:00~13:45)
    第二部  池川 明先生講演会(13:45~14:30)
    第三部  山元加津子さんと池川明さんトークセッション(14:45~15:30

参加費:2,000円

お申し込み:himawaribatake@aol.jp


http://himawaribatake.main.jp/
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1714938401&owner_id=15790837



私の運営するひまわり教室が昨年、法人設立となり
また今春から大船にて常設の教室を構えての再スタートを切りました。
さらに、この秋10周年目をむかえるということもあり
様々なことを記念して、今までお世話になったお二人講演&対談を
下記のとおりかいさいすることになりました。

ぜひ、ご来場いただけますようにお願いします。
ご友人の方々へもお知らせいただければ幸いです。
よろしくお願いします。
              ひまわり教室代表 西野奈津子


ひまわり教室 http://himawarikamakura.sakura.ne.jp/
                


    

ありがとうございます。

どうぞ良い週末になりますように。


ありがとうございます。
スポンサーサイト
ほんとに感動的で、今までで一番しあわせだった一日。。。



旦那Y.作アップルケーキ

 

みなさん、こんにちは~。

いつも、ありがとうございます。
ありがとうございます。


日曜日は、前のブログにも、ご紹介したのだけれど、
埼玉・鴻巣であった、山元加津子さんの付き人をされている小林正樹さんと
山元加津子さん(かっこちゃん)の講演を聞きに行きました。

今回も、お手伝いするつもりでいたのだけれど、
ちょっと調子が悪かったりして、思ったほど
お役に立てたかなぁ。
お誘いしたりするもの、もっとできたら、良かったのに~。
と、感じてしまうほど、
今までで一番お話も、会場の雰囲気もいい感じで、一番しあわせな一日でした。

いつも、思うのだけど、
仕事とかで、家族の中で代表みたいにたった一人で参加したり、お友だちがいなかったりすると、、、

「あぁ~どうして、ここに旦那Y.がいないんだろう。」
「あぁ~。あのお友だち、いてくれたら、どんなにうれしいだろう。」
って、帰って呼んで来たくなる(それは、できないんだけど。)気持ちになったり、
ぐっと自分が帰りたくなっちゃったりするのです。

日曜日は、家族で参加できたので、それは少なかったのだけど、
あのお誘いした人は、このお誘いした人は、と、お姿を探して探して、
いらっしゃらないことがわかると、
きっと、大事な用事ができて参加が急にできなくなってしまったのだと思うのに、
思わずメールをしてしまったほど、でした。

もっと、気持ちを込めてお誘いしたら良かったよなぁ。私。
と、思いました。


小林正樹さんのお話を聞くのは、2回目。
そして、かっこちゃんのお話を聞くのは、8回目。

小林さんのお話は、以前よりもぐっとご自身の気持ちを表現してくださり、
ご自分が小さいときに事故で大けがをなさって、輸血が必要になり、
そのために後に、C型肝炎になられていたことがわかり、
それがだいぶ進行していることがわかったのが、結婚して赤ちゃんがご家庭にいる頃だったこと。

病気のことを書いてある本を探してみたくなって読んでみると、
治らないというような記載もあって、自分の人生を考えられたこと。
赤ちゃんもいるお父さんとして、どうするのかと、思われたことと思うし、
大好きな家族のことを案じられたことと思うことから、
ぐっと話がすすんでいきます。

5年間、お仕事ができなかったこと、
少しできるようになっても1時間デスクワークをするとあとずっと横になって休まなくてはならないほど
だったこと。

そんな中、奇跡的にお体は好転してされていきます。


そんな小林さんにとって、かっこちゃんの全国の講演会のお世話をなさることは、
自分の命が、今、ある、こと、と、
見えない力によって出逢わせてもらったこと、かけがえのないことであることを、
お話を通して、また一段としみて来ました。

本当にすばらしい人生を送られている方だなぁ。と、せつに思いました。

小林さんのお話からも、今がどんなに人生で大変なことがあっても、
出逢わせてくれる未来に向かって今があるいることが、よくよく伝わりました。


かっこちゃんのお話も、
私たちよりも大人数で参加しているご家族の方もたくさんいてー
お子さん2人とお父さん、お母さんと参加されている人ー
みんなに語りかけられていて、
小さいお子さんたちも、楽しそうにその場にいたこと、
かっこちゃんのお話は、どんな年齢の人にも、聞いてもらいたいお話だな~。
と、また改めて思いました。

今まで、講演会ではお聞きしたことのない、「わたなべかずきくん」の日記のお話も
会場のみんなにものすごく伝わりました。

『大好きは、うれしい。』
『自分のことを大好きで、良いんだよ。』と、言うことのお話をたっぷりしてくださった時、
私も会場も涙でいっぱいになりました。
となりを見たら、旦那Y.も、主催のあゆみさんも、涙で真っ赤な目をしています。

そうそう、書籍のコーナーのスタッフをしていた、かわいいおおさわさんも、
ずっと目が真っ赤でしたね。
お話を聞いても、ご自分で読むために買われたかっこちゃんの本を読んでも、
人前を気にせずに、あふれる涙を止めずにいた様子が印象的でした。


かっこちゃんは、
「Oliviaちゃん、力を貸してね~。よぉ~し、やるぞ~ぉ。」と、
片手をあげて講演前に言っていることがありました。

それは、宮田俊也さん(宮ぷー)とかっこちゃんがこの1年間に、
宮ぷーの脳幹出血で倒れられた後の、毎日のことをもっともっと本気で伝えなくっちゃ!と、
前日の滋賀県・彦根の*『雪絵ちゃんの願い全国キャラバン』で、
思うことがあったからです。


昨日のかっこちゃんとほしのひとつさんが、背信してくださっているメルマガに、
詳しくあったのは、ごらんになりましたか?

メルマガって、URLはないのですね?

こちらです。



 第197号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2010年2月22日現在 参加者人数1681人
 「2/22 昨日の宮ぷー」      
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/kokorokakehasi.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いします。


埼玉へ向かっています。新幹線の中です。
昨日の彦根のイベントで、ハートオブミラクルのきみちゃんが、考えたゲームを会場
のみんなでしたのです。きみちゃんが用意してくれたたくさんのボールが会場へ配ら
れ、それを隣へ手渡すときに、「ありがとう」とか「大好きです」とか、何でもいい
から気持ちを伝えて、そのボールを回していくということをしたのです。私は思わ
ず、ステージから下へおりて、ゲームに参加しました。お隣からありがとうの言葉と
笑顔をいただいて、そのボールを斜め後ろにおられた方に手渡しました。「来て頂い
てありがとうございます」と言うと、その方が「僕の弟も、脳幹のあたりを出血して
てね。今は家にいます。宮ぷーを見ててね。僕たち、弟に気持ちを聞くことをしてこ
なかったなあと思ってね。病院でも、コミュニケーション手段についてなんにも習わ
なくて」というお話しでした。
そのあと舞台へ戻って、私はハートオブミラクルのみなさんと歌を歌ったのですが、
途中から、泣けて仕方がありませんでした。どう説明していいかわからないのだけ
ど、何に向けて良いかわからないけど、何かに対して私は憤っていたと思います。そ
して、すごくオーバーないい方かもしれないけれど、よし、私はこぶしをふりあげ、
たちあがるのだ!!みたいな感情がふつふつとわきあがってきたのです。
歌が終わって、すぐにステージをおりて、その方のところに行きました。「どこか動
くところはありますか?」とおたずねすると「家族がそばでおもしろいことを話して
ると、そばにいてわーって笑ったりもしてね、それから昔は口をうごかして“あー
ほー”なんてしてたけど、このごろはしないですね。手も少し動くかなあ。家族も、
脳幹だからしかたがないんだ。そんなもんなんだと思って」とおっしゃいました。
弟さんはおもしろいことを聞くと笑われる。そして、あーほーって口の形をされた。
今はされないけど、手も動く。弟さんは、絶対に気持ちを伝えることができると確信
しました。弟さんとご家族はどうして、気持ちを伝える手段を、ご存知じゃなかった
のでしょう。それは、ご家族の方が悪いのじゃないです。だって、知らないのだも
の。知らないときは、何かできるはずはありません。もし誰か悪い人がいるとした
ら、それは誰か?私は誰に怒っているのか?

そう思ったらわかりました。知らない人は知らない。でも、知っている人はちゃんと
伝えなくちゃならない。それが知っている人の責任です。そして、私は知っていま
す。宮ぷーといて、子ども達といて、気持ちを伝えることはすごく大切。そして、そ
の方法はいっぱいあるよって、知ってる。それだったら、悪いのは私です。だって、
知っているのは私だもの。
伝の心も車いすも、それから座位保持装置(車いすなんだけれど、頭のところまで
あって、体をもたれかけさせることができる)も、みんな国の補助を受けることがで
きます。でも、この方がご存知なかったように、おそらく、気持ちを伝える方法があ
るということは。やっぱりあまり知られていないのですね。
宮ぷーの場合は本当に,不思議なことに、私や妹が養護学校に勤めていたり、いちじ
くりんやメルマガを通していろいろな情報を教えてくださったりして、今がありま
す。もしもし、その情報がなかったら、今の宮ぷーは、やっぱりないと思うのです。
何もかもがわかっていても、気持ちを伝えるすべがなかったら、生きる気力も、あま
りわかなくて、宮ぷーはあきらめてしまっていたかもしれません。そんなのいや
だー。そんなのいや。
ねえ、宮ぷー。その方や弟さんはたぶん、決して特別じゃないよ。たくさんの方が、
思いを持っていながら伝えられずにいるのじゃないかな? そして、やがて、気持ち
を伝えることや生きることさえあきらめていかれる方ももしかしたら、おられるかも
しれない。

方法は本当にいっぱいあるよ。あいうえお表を使ったらいいんだとか、口の読み上げ
でスキャンができるよとか、そして、体のどこかを動かすことができたら、あるい
は、脳波でも、スイッチを入力する方法があって、伝の心のような機械を使って、気
持ちを伝えることができるんだということを、私は養護学校の教員をしていたから、
なんだか当たり前のように、そこにあるもののように知っていた気がする。けれど、
違うお仕事をしていたり、その世界と、少しも関係のない人は、知らないままでおら
れるんだよね。ねえ、宮ぷー。宮ぷー、私たちには責任があるよ。知っているという
責任がある。このことをもっともっと多くの方に知ってもらわないといけないよ。意
思伝達装置のことだけじゃないよ。だって、宮ぷーがこの病気を通して学んだことは
このことだけじゃないよね。私が教えてもらったことはこのことだけじゃあないよ。
宮ぷー、私たちは、勝手に自分で生きているんじゃないんだよね。生かされていたん
だよね。体を動かしてもらっていたんだよね。息をさせてもらっていたんだよね。そ
して、命を与えてもらったんだよね。宮ぷーは毎日、私の心を揺さぶり続けてくれる。
メルマガに毎日よくこんなに書くことがあるねえって、おっしゃった方がおられて、
私も、本当にそうだなあ。明日はあるかなあなんて思うけど、明日になれば必ず書き
たいことがあるの。宮ぷーが、いろんなことを必ず教えてくれるから。

私はどうして、舞台で泣けたのかな? たぶん、今、もし、宮ぷーが思いを伝えられ
ずにいたら、すごく宮ぷーはつらいだろうって思って泣けたのかな? そして、弟さ
んもきっとこの優しいお兄ちゃんにお話ししたいこといっぱいあるんだろうなあって
思ったのかな?そして、お兄ちゃんも、弟さんのことを愛していて、ずっとお話しし
たいと思っておられるんだと感じたからかな。
そして、誰もが持っている気持ちを、本当にどうにかして、どうにかして、知る方法
は、きっとある。そのことを思ったのかな。
ねえ、宮ぷー。宮ぷーのことは、宮ぷーで終わっちゃだめだ。そんなのだめだよ。宮
ぷーさえ気持ちが伝えられるようになればそれでいいんじゃないよね。宮ぷーさえよ
かったらいいなんてことあるはずないよ。みんなが気持ち伝えられるようにならなく
ちゃ。みんなが生きるって、うれしい。生きることは幸せって、思わなくちゃだめだ
よね。宮ぷーがなぜ病気になったのか、それは、神さまが、きっと、伝えなさい、話
しなさいってそう思われたからだよ。そして、私にも、宮ぷーのそばにいて、感じた
こと、書いていくんだよって言ってくださって、そして、神さまのはからいで、今、
こんなにたくさんの方に読んでいただけているんだよね。けど、私は昨日、心に決め
たよ。舞台で決めた。あの方に会って、決めた。ふつふつとわきあがってきたこと、
雪絵ちゃんの願いと一緒に、私は宮ぷーが教えてくれたことを、世界中の人に伝える
よ。みんないろいろに生まれるのはどうして? よおし、よおし、やったる。やった
るでー。

わたしはこう思うよ。神さまは、お互いが成長しあえるように、大切なことを伝えあ
えるように、みんなをいろいろにしたんだよ。人は自分と違う人と会って、そして、
大切なことを知ったときに、涙がこぼれて、そして、変わっていくことができるよ。
私が雪絵ちゃんと会ったり、宮ぷーといる毎日で涙がとまらないように。人と人は出
会って、思いを伝え合って、そして、変わっていって、そしてみんなで一つ命を光に
向かって進んでいくんだよ。だからね、宮ぷー。私は、みなさんの力を借りて、うう
ん、そうじゃないよ。私がじゃなくて、みんなで、ハメハメハーの光玉みたいになっ
て、みんなで雪絵ちゃんの願い。宮ぷーの思い、伝えていくんだ。
ねえ、そうだよね。私は昨日、また眠れなかったよ。ううん、寝ていたのかもしれな
い。眠りながら,夢をみたよ。前に、宮ぷーが口をぱくぱくしていて、心療内科の先
生が来られて、どうして、口をぱくぱくしているのって聞いてくださったときに、話
したいことがあるとそうなってしまうと宮ぷーは答えた。私が見た夢。私はどこか、
深いところにいたよ。私の周りにはたくさんの人がいて、私に気がつかない。なんと
か気がついてほしいけど、手も足も動かない。息も苦しくて、そのことを伝えたく
て、口をぱくぱく動かしたら、一人の人が私をみてくれたよ。そのやっと気がついて
くれた人が、「かっこちゃんはどうして口をぱくぱくしてるんだろう」って言ってく
れて、私はああ、助かったあ、よかったって思うの。ああ、救われた。本当によかっ
たってうれしかった。でも、背広を着た方が、「脳の反射で口がうごくんだよ」って
そう言って、周りの人が、「ああ、そうなんだ」って言うんだよ。私は悲しくて、も
うだめだって思ったよ。もう、私は一人、もうだめなんだって、なんだかそう思っ
た。そして、それからは、私は口しか動かないのに,何度ぱくぱくしても、「反射な
んだなあ」って思われて、どうしても気がついてもらえない。暗くて、苦しくて、朝
になっても、夜になっても、誰も、私がいることすら、気がついていないみたいだっ
た。気がついたらベッドの上で声をあげて泣いていたよ。とめられなくて、わあわ
あ、ホテルで泣いていたよ。

今日の講演会でも、みなさんに宮ぷーのメルマガをとってくださいとお願いするよ。
だって、私が、こうして、宮ぷーのことや、昨日講演会で会った方のお話しや、レッ
ツチャットのことや、生きることや、自分のこと大好きでいいということや、大好き
がうれしいということや、もっともっといろんなことを毎日、いっぱい聞いていただ
けるのは、このメルマガをとっていただくことだもの。これまでも本気モードだった
けど、もっともっと本気モード全開になるよ。
メルマガのみなさん、どうぞ、私の本気モード手伝ってほしいです。お願いします。
私はいつもみなさんにすごく甘えているのかもしれないけど、でも、お願いします。
私がやったるでーモードになれるのは、みなさんがいてくださるから。どうしたら、
もっともっと、毎日多くの方に、メルマガとっていただけるだろう。ときおり、気弱
になって、私の書いている文章なんて、そんなにたくさんの方に読んでいただけるよ
うなものじゃなくて、そんな価値もないかもしれないと不安になるけど、宮ぷーを見
ていたら、たとえ、不安になっても、今、宮ぷーのそばにいるのは私だもん。宮ぷー
の頑張りを伝えられるのは、そばにいる私しかいないよ、宮ぷーが教えてくれるこ
と、そばにいる私だから、昨日も、お会いした方とのことで、今、気持ちがわき起
こってくるんだから、それでいいんだよと、また思って、そうだ、そうだ。やっぱ
り、やったるでーと思っています。きみちゃんがボール渡しゲームを考えてくれたの
も、神さまのはからいかな? 私がステージからトントンと下へおりていったのも、
自分の気持ちというか、神さまがさせてくださったのかな?そして、私の近くに弟さ
んのお話しをしてくださった方が座っておられたのも、みんな偶然じゃないのかな?
そうだよ。きっとそう。神さまが伝えなさいって、本気モード出してねって言ってく
ださってるんだよね。だって、つらいもん。だって、誰でも、どんなに重い障害が
あっても、気持ち持ってて伝えたいよ。宮ぷーのことばかりじゃないよ。心がつら
かったり、他にも体がつらかったり、いろんなことがある。でも、全部大切。そのこ
と、ずっと考えて書いていきたいです。だから、たくさんの方にメルマガをとってい
ただけるいい方法があったら、教えてください。お願いします。

今日も本当に温かな会でした。大好きなお友達のみなさんが開いてくださった会。小
林さんの講演会が午前中にあって、私がお昼からお話しさせていただきました。宮
ぷーのメルマガのことも、お願いしました。「欲張りだから、会場におられるみなさ
ん全部にとってほしいです」と厚かましいことを言いました。
なんと、今日も小林さんは小松まで送ってくださったよ。電車で出かけたから、車が
小松駅にあるからって。送ってくださったよ。もったいないことです。
宮ぷー、宮ぷーに会えない二日間はこんなふうに過ぎていったよ。一年たった日はこ
んなだったよ。

かつこ



私は、かっこちゃんのことが、もちろん大好きで、親友です。
かっこちゃんが、石川県に住んでいても、ブログがあったり、メルマガがあるから、
毎日のように、出逢っているように思うのだし、
毎月会いに、行けるところはどこにでも行きたい。

何で、そう思うのかな~と、思ったら、
かっこちゃんのお話やブログやメルマガ一緒に成長させてもらっているんだ。と、思うのです。

かっこちゃんが、全国の講演会に行く日以外の日は100%宮ぷーと一緒にいます。
それが、どんなにすごいことなのか、
どんなに、宮ぷーとの絆を強めていることなのかと、そう、宮ぷーがどんなに回復しているかと、
言うことだと思うのです。

かっこちゃんが、一生懸命、宮ぷーのことを知ってもらいたい。と、言っていて、
私も、そうだね。ぜひお伝えするよと、ブログに書かせてもらったり、
旦那Y.が、手作りしてくれた私の名刺にも、宮ぷーのことを刷り込んでいたり、
できるかぎり、初めてお話しするとき宮ぷーのことをお伝えしていたりします。

それでも、ある時、どうして、宮ぷーだけ、特別扱いみたいかもしれないなぁ。
と、思って、それをかっこちゃんの言ったことがあったのです。
他にもいろいろ病気になったりしている人もあるよね。とか。

でもね。先日のメルマガで、あっ!そうだったと、気づかせてくれたことがありました。

それは、宮ぷーのことが書いてあったのではなくって、
かっこちゃんが、大好きだった、生徒さんのお一人の方の話でした。



宮ぷー、私ね。朝、泣いていたの。大切な友達が夕べ亡くなったという知らせをも
らったからだよ。1/4の奇跡の映画にも写真で登場しているゆうすけくんが亡く
なったのです。ゆうすけくんはXP(色素性乾皮症)という病気でした。全国色素性乾皮
症連絡会のHPには次のような説明がありました。「色素性乾皮症(XP: Xeroderma
Pigmentosum)は、強い光線過敏が皮膚に生じ患者の中には進行性の重い神経障害が
生じる 稀な病気で、日本には500人前後の患者がいると言われています。原因遺伝子
は明らかになりましたが、根本的な治療法は未確立で、特に神経障害については発症
機構が全く分かっていません。XPの患者は、紫外線に当たって壊れたDNAを修復す
る能力が極めて低いので、日光にあたって皮膚がんになる確率は健康人の約2000倍と
いわれています。そのため、幼い頃から生涯にわたり、季節を問わず、厳重な紫外線
遮断が必要です。 神経症状については 、個人差もありますが、小学生くらいから耳
が聞こえにくくなる、しゃべりにくくなる、つまづき易くなる程度から足の変形が始
まって成長とともに歩けなくなるなどの症状が現れます。さらに進行すると、ものを
飲み込むのが困難になって口からは食べることができなくなる、うまく呼吸できない
などの症状が現れ、移動に車椅子が必要になります。早ければ成人になるころには寝
たきり状態になることもあり、栄養は胃に直接挿入したチューブを通して補給しなけ
ればならなくなるなど、日常生活を送る上で多大な医療と介護が必要となります。
XPは「小児慢性特定疾患治療研究事業」の対象となる疾患に指定されてきました。
平成19年度には「難治性疾患克服研究事業」の対象疾患に指定され、国が研究班を
設置しました。2008年4月現在、指定されている難治性疾患克服研究事業130疾患の
うち、45疾患が「特定疾患治療研究事業」の対象として指定され、医療費公費負担助
成がされていますが、XPはこれには指定されていません」

ゆうちゃんと出会ったのはゆうちゃんが高校一年生で入学してきてくれたときでし
た。一緒にいた頃、私が書いた文章です。
・ ・・
ゆうすけくんの笑顔のために
ゆうすけくんが今日も元気に学校にきてくれました。彼の笑顔は天下一品です。彼が
笑うとみんなもうれしくてたまらくなるし、頑張っているそばにいると、とても元気
が出てきます。けれど、ゆうすけくんが学校へ通うのは簡単というわけではありませ
んでした。というのも、ゆうすけくんはお日様の光をあびることができないのです。
もし紫外線を浴びてしまうと、ひどい火傷を負ってしまい、命にかかわることにもな
りかねないのです。それで、教室には窓に紫外線カットフイルムとカーテンの用意が
されました。ところで、たとえば、車椅子の生徒さんのために自動ドアがついたり、
ゆうすけくんひとりのために、高いフイルムを貼るのは特別扱いなんじゃないかなん
て思うかたがあるかもしれません。でも私は違うと言いたいのです。人間は誰だって
みんな特別に大事なんじゃないかなと思うのです。だからみんな特別扱いされてもい
いのじゃないかと思ったのです。私の今の考え、どんなふうにお話すればいいのかし
ら。あのね、車椅子の人は《特別》に車椅子を使って町で買物をしていて、車椅子が
必要でない人も車椅子を使ってもいいのだけど道に段があると大変と思う人は、《特
別》に車椅子を使わないで、歩いていると考えることはできないでしょうか。それか
ら、たとえば教科書。みんないろいろだから、いろいろな教科書が特別に選べるとう
れしいなと思います。弱視の人は大きいのを、それから手がうまく使いづらい人は、
ざらざらしているほうがめくりやすいとか、分厚くしたほうがいいとか、それから、
弱視じゃない人で、私も大きいのがいいと思ったら、そうしたらいいけれど、大きく
て、机からはみでるし、重いのは嫌と思う人は《特別》に小さいのにしたらいい。そ
したら、誰もが《特別扱い》だなあと思うんです。そんな考えはまとはずれでしょう
か?でも子供たちはみんないろいろだけど、同じように、たくさんの友達の中で、笑
顔で学校生活を送りたいと願っていると思うのです。 今ゆうすけくんは発表会の劇
「勧進帳」の練習をとてもはりきってしています。紫外線カットフイルムとカーテン
があるからこそ、あんなに素敵な笑顔の彼と私たちは一緒にいられるのです。もっと
もっと誰もが特別扱いされて、同じように街の中で楽しくすごせるようになるとうれ
しいです。
・・・
お母さんと、二人で泣きながら、今朝、ゆうすけくんのお話しをしていたのです。お
母さんはまだ、ゆうすけくんが亡くなったという実感がわかないのとおっしゃってお
られました。ゆうすけくんの笑顔が映っている映画が、今、日本中で、それから世界
でも上映してくださっていますとお話ししたら、お母さんは「それは私たちが一番
願っていることです。ゆうすけや子ども達のことをたくさんの人に知ってもらいたい
のです。いろんな病気があって、みんなが笑って生きていられることが大切だという
ことを、先生、お願いです。伝えてください」お母さんがそうおっしゃいました。ゆ
うすけくんのとびきりの笑顔を思い出して、私、これからも必ずそうしていきますと
約束をしたんです。
ねえ、宮ぷー。宮ぷーもそうだね。宮ぷーはみんなが笑顔でいられることの大切さを
毎日教えてくれていると思う。そして、雪絵ちゃんの願いも同じだよね。みんなが大
切な役割を担いながら、一生懸命生きている。そのことを、いっぱい伝えてね。

かつこ

(第194号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2010年2月19日現在 参加者人数1620人
 「2/19 昨日の宮ぷー」      
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/kokorokakehasi.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いします。
からの、ゆうすけ君のお話。)



そうだ、そうだ、何から、その人や自分を特別扱いにしちゃあいけないと思うのだっけ?
めだっちゃいけないから?
それとも、他の人とおんなじが大事だから?

そうじゃなくって、それぞれが、元々大事なんだ、大事にしたいんだ。と、思ったら、
お体の様子などで、それぞれどうしても必要なことが、どうして特別なことなのか。
それは、違う。

だから、その人を特別扱いにしているのじゃなくて、その人、その人を大事にしているから、
必要なことなのだったんだ。

と、思ったら、かっこちゃんに、伝えなくっちゃ、私わかったよ。
って、言わなくっちゃと、思ったのです。

その人が、その人のその場で立場で気づいたことは、発信していくことってとても大切なこと。
みんなが大切な役割を担いながら、一生懸命生きている。
大事なことを気づかせてくれるかっこちゃんのお話しやブログ・メルマガなのでした。

かっこちゃんとは、その話をしたあとも、いろんなお話しを講演前後にも続きました。



宮ぷーの今体験していること、感じていることをぜひ注目していただけたら、嬉しいです。
メルマガの登録がまだの方は、どんな距離も関係なく一緒に考えていきませんか?
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/kokorokakehasi.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いします。

登録してくださいね。


そして、これから、かっこちゃんの講演会を企画される方は、
ぜひ小林正樹さんの講演とかっこちゃんの講演とを、
いろんな都合が許すのならしていただけたら、また、きっとすばらしいと思いました。


本当に長くなっちゃったけど、最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。


今日も良い日になりますように。


ありがとうございます。

ありがとうございます。


**********************





宮ぷーのプロジェクトの携帯の登録が簡単になりました。ここへ空メールを送るだけで登録ができるようになりました。
a0001012961@mobile.mag2.com
たくさんの方に、読んでいただいたら、きっと宮ぷーの日記が本になることが近づいて来るのだと思います。ぜひ、よろしくお願いします。

宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと

http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/kokorokakehasi.html


今、思うことと大事なお知らせ。。。



裏返しで、ごめんね。鳥取のショーンさんから送って頂きました。ありがとうございます。





おはようございます。

いつも、ありがとうございます。

しばしのお休み(結構長い…。)でございました。


みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

私たち夫婦、このところ激震中です。

にも、関わらずいろんな出逢いもあり、気づかせていただくことも大きく、

毎日、今のせいいっぱいをさせていただいています。

本当にありがたいことです。



一つには、旦那Yの今の仕事であるプロジェクトが、、、なくなっちゃいそうな状況で(それは決定なのだけど)、
激震しています。

昨日Kumaちゃんとお話ししてたら、あらためて頭の中で整理できました。
ありがとう!


昨年5月だったかな、ころから本格的に身に起こっている、
旦那Y.の通信業界の仕事。

新しいプロジェクトがないので、まずは研修に2ヶ月行き資格試験の勉強をしました。
その後も変わらずにプロジェクトが見つからず約3ヶ月の自宅待機をし、
10月末より今いる通信系のプロジェクトに入ることになりました。
そして、今回のプロジェクト途中での退場(っていうのかな。)の話が
先月1月中頃からおき、

それを聞いたときは、このプロジェクトでの4ヶ月弱、予告のように、
月に1度、今までには起こったことのないハプニングが教えてくれていたのかも知れないと腑に落ちました。

そのハプニングのたびに、大泣きしたり祈る気持ちでいたり、
起こることには意味があること、超えられないことは、何も起こらないこと、
いろんな揺り動かしを受けながら、体験している最中です。

大事なことは、大事なところにおきてくることも、目をそらさないようにと、
アドバイスをされているように思います。


今年に入って、私の体調にもホルモンバランスの変化が大きくあって、おもに貧血がおきています。
4月に年女を迎える私の体さん。
いろんなやりたいことを実現してくれている体さんにも、目をむけるチャンスをもらっています。


私のできることは、なお感謝して生きること、ー以前マザーテレサの日本人唯一の写真家さんである、
沖 守弘さんのお話しの中で、

「マザー(テレサ)は、祈りたおしていた。祈っているのではなく、祈りの中に生活があった」

と、言うことばが浮かび、イノセンスに感謝したおすことを、
私は、したいのだと、思いました。


と、言うことで、我が家、激震中につき、
コンスタントにはブログのアップはおぼつかないこともあると思いますが、

そんな中にも、
どうしてもお伝えしシェアしたことなどをアップしていく予定です。
どうぞ、これからも、よろしくお願いします。




ありがとうございます。


ありがとうございます。

良い週末になりますように!




☆RapidでFelizな、インフォメーション

・2/14(日) 東京・西東京市 ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」上映会

http://www.yonbunnoichi.net/joueikai/yotei/004906.php

「1/4の奇跡~本当のことだから~」 を上映する会 in たなし

02月 14日(日) 14:00 ~ 17:00

会場: コール田無(東京都西東京市田無町3-7-2)
入場料金: 1000円、未就学児の膝上鑑賞は無料

主催者: 「1/4の奇跡~本当のことだから~」 を上映する会 in たなし/
                    勝俣 百合子(カツマタ ユリコ)
受付E-MAIL: donsuke428@yahoo.co.jp(@を小文字に替えてください)
受付FAX: 042-465-3480
受付電話: 042-465-3480(勝俣さん)/042-469-1714(小野さん)



・2/19(金) 東京・立川 ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」上映会

http://www.yonbunnoichi.net/joueikai/yotei/012611.php

私たちの“いのち”の鍵を開けてくれる感動のドキュメンタリー&
            歌あり踊りありのいのちのまつり

2月 19日(金)
第一部    12:30 ~ 16:50 (開場 12:30)
        12:30 ~ 15:10 おまつりタイム
        15:10 ~ 16:50 1回目映画上映
第二部    17:10 ~ 20:10 (開場 17:10)
        17:10 ~ 18:30 おまつりタイム
        18:30 ~ 20:10 2回目映画上映

会場: 立川競輪場 集合棟3F畳の大広場(立川市曙町3-32-5)
        ※ JR立川駅北口徒歩15分
入場料金: 1000円、 小学生500円、未就学児 無料

主催者: MOTHERS/増田 直美さん
受付E-MAIL:  naomi-m.k.567@docomo.ne.jp(@を小文字に替えてください)
受付FAX :  042-321-3507
問合せ連絡先: 090-4063-6931



・2/21(日)埼玉・鴻巣(こうのす)小林正樹さん&山元加津子さんジョイント講演会

山元加津子さん(かっこちゃん)と
公認会計士でかっこちゃんの自称付き人をしている小林さんの本邦初の講演会
どちらのお話しも、ものすごく心にしみます。

もちろん、私たちもお手伝いに参ります!

2月21日(日) 10:30~15:00予定
会場:JR鴻巣駅(こうのすえき西口)駅前 ZAO 3階 和室
入場料金: 一般 5000円、小・中学生 2000円

受付E-MAIL:  seinarusiro@gmail.com (@を小文字に替えてください)
問合せ連絡先: 070-5019-4687 (グレイト☆ぴんく 堀 アユミさん)



・2/21(日)東京・池袋 鈴木七沖さん(サンマーク出版取締役 編集部長)のお話し
DIGNIY WAVE 第2回交流会

2月21日(日)10:00~12:00(受付9:45~)
会場: あうるスポット 会議室B
        (東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F)

http://www.owlspot.jp/access/index.html

会費: 2000円 (終了後、ランチ交流会を予定しています。)
問い合わせ:takaschann@yahoo.co.jp(高島さやかさん)(@を小文字に替えてください)

サンマーク出版で「いのち」をテーマに本づくりをされている鈴木さん。
ゆっくりと伺いながら、「いのち」について考える時間を一緒に持ちたいと思います。



・2/27 東京・台東「澤谷 鑛 ヒューマンライフセミナー」 (2/27)        
~闇から愛の光溢れる意識の世界へ~
http://kizunanoinori.blog17.fc2.com/blog-entry-357.html

日時: 2月27日(土)10:00~16:30
会場:  東京都立産業貿易センター 台東館 2階 会議室B
      http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/
(地図  http://ketto.com/map/taitou.htm)

講師:  澤谷 鑛 ・ 野辺山 俊(精神科医)・紅林千賀子
ゲスト: ほずま(櫻井秀真)
詳細 http://www.kou-sawatani.com/sem-hls.html

ほずまさんと紅林さん、講師の方のお話しで、心と身体を癒す心のデトックスができます。



・2/28 東京・台東「澤谷 鑛&紅林 千賀子 ヒューマンライフ研修会」(2/28)
~愛は心を癒し、輝くいのちを実現する~

日時:2月28日(日)10:00~16:00
会場: 台東区民会館 第4会議室
      (都立産業貿易センター台東館と同じ建物の8階)
     http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/
  (地図  http://ketto.com/map/taitou.htm

講師:澤谷 鑛 ・紅林千賀子・野辺山 俊(精神科医)
ゲスト:ほずま(櫻井秀真)
詳細  http://www.kou-sawatani.com/sem-hlk.html


2/27、28日両日参加も歓迎、また1日参加も歓迎です。



・3/6(土)沖縄・那覇市 映画「宇宙の約束~いのちが紡ぐ愛の詩~」上映会

http://www.yonbunnoichi.net/soranoyakusoku/sora_yotei/012604.php

03月 06日(土)
1回目上映 14:30 ~ 16:00 (開場 14:00)
2回目上映 18:00 ~ 19:30 (開場 17:30)

会 場 : 沖縄県総合福祉センター 3F視聴覚室(沖縄県那覇市首里石嶺町4-373-1)
入場料金: 前売1200円/当日1500円、小中高校生 前売800円/当日1000円、未就学児無料

主催者: 沖縄♪ハピル隊♪/鋒山 謙一さん(ホコヤマ ケンイチさん)

受付Blog :  http://rootsandshootsokinawa.ti-da.net/e2663185.html
受付E-MAIL:  okinawahapirutai@gmail.com(@を小文字に替えてください)
受付電話 : 090-1943-1514

昨年の12月では京都大学で、先月は練馬でお会いしたホコヤマ君。
5月か、6月には山元かっこちゃんを沖縄に呼ぶ計画中です!



・3/7(日)千葉・浦安 日野原希美さんLive 
       ~ランドの近くで大感謝祭~
     *歌と読み聞かせとコントと即興で贈る笑いと涙の玉手箱*

http://www.be-smile-presents.net/event/100307/

3月7日(日) 開演 16:30 終演 19:30(予定)(開場 15:30)
会場:  浦安市民プラザ Wave101(千葉県浦安市入船1-4-1)
      大ホール(250人)JR京葉線「新浦安駅前」徒歩1~2分 
http://www.urayasu-kousha.or.jp/urayasu-bunka/wave101/plaza.html

入場料: 前売り 大人2,000円  当日 大人2,500円
出演:  日野原 希美
     石川 将行・田島 啓佑(ショートカッツ)
      Karku(Planetia)
      藤本 ゲン/フィンドレィ麻紀
      竹村 登代志(貴楽屋(タカラヤ))
主 催: Be Smile Present's『みんなの日』実行委員会
お申込: http://s-url.jp?64043
メール: 0307-event@be-smile-presents.net (@を小文字に替えてください)
TEL/FAX:090-4518-4489(服部さん)
      
日野原 希美さん(ひのはら きみさん)は、唄も司会もお芝居も
魅力アップワークショップの講師、ヒーリングなど多彩な方。心に響く唄を披露してくださいます。
今回、ショートカッツ、Planetia(プラネティア)、フィンドレィ 麻紀さん、
藤本 ゲンさん、竹村 登代志さん等と、みんなの日を準備中。

私たちも当日スタッフとして参加します。



・3/7(日)神奈川・鎌倉 山元加津子さんの講演と映画「宇宙の約束~いのちが紡ぐ愛の詩~」上映会

http://www.yonbunnoichi.net/soranoyakusoku/sora_yotei/012575.php

3月 7日(日)
時間: 13:00 ~ 17:00
映画上映 13:00 ~ 14:40
講演   15:00 ~ 16:30

会場名 : 鎌倉生涯学習センター ホール(神奈川県鎌倉市小町1-10-5)
入場料金: 1500円、 高校生以下・障害者 1000円
主催者: チーム・ひまわり/西野奈津子さん
受付HP/Blog: http://teamhimawari.blog44.fc2.com/
受付E-MAIL: teamhimawarinn@aol.com(@を小文字に替えてください)
受付電話 : 080-6550-6398
お知らせ : 託児あり、要予約



☆雪絵ちゃんの願い実現 全国キャラバン

ありがとうの輪 和 笑!
  ~日本全国、雪絵ちゃんの願い実現キャラバン~

http://www.yonbunnoichi.net/saishinnews/004863.php

映画「1/4の奇跡」に出ている笹田雪絵さんの願いを全国にリレーして届けたい。


・第1弾2/20(土)滋賀・彦根 山元加津子さんの講演と
           雪絵ちゃんの願い実現キャラバン in 滋賀


http://www.yonbunnoichi.net/soranoyakusoku/sora_yotei/012590.php

02月 20日(土)
時間: 第一部 9:20 ~ 12:30 (開場 9:00)
      映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」上映  9:20 ~ 11:00
      映画「光彩~ひかり~の奇跡」上映     11:00 ~ 12:30
   第二部 13:30 ~ 18:00 (開場 13:00)
      ハートオブミラクルお話し            13:30 ~ 13:45
      映画「宇宙の約束~いのちが紡ぐ愛の詩~」上映   13:45 ~ 15:20
      山元加津子さん講演               15:30 ~ 16:30
      りゅうじん&加津子 歌             16:30 ~ 17:00
      ハートオブミラクルお話し            17:00 ~ 17:15
      本販売、サイン会                17:15~18:00

会場名: ひこね市文化プラザ・グランドホール(彦根市野瀬町187-4)
会場定員: 1480人
入場料金: 1500円(前売り) 2000円(当日)/4枚組前売り 5000円
割引料金など: 中学生・高校生 1000円(前売り) 1500円(当日)
          小学生以下・障がい者手帳または療育手帳をお持ちの方 無料(要予約)

主催者: ハートフルプロジェクト in びわこ/轟 実枝さん(トドロキ ミエさん)

受付E-MAIL: joy.511-703@ezweb.ne.jp(携帯)、namiko0735@hotmail.co.jp (パソコン)
           (@を小文字に替えてください)
受付FAX: 0749-52-1485
受付電話: 0749-26-0386(村川)



・第2弾3/6(土) 鳥取県・米子市
           雪絵ちゃんの願い実現キャラバン in 山陰

http://www.yonbunnoichi.net/soranoyakusoku/sora_yotei/012593.php

開催日: 2010年 03月 06日(土)
時間 :  10:00 ~ 17:10 (開場 9:30)
       映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」上映   10:00 ~ 12:00
      映画「光彩~ひかり~の奇跡」上映          12:40 ~ 14:10
      ハートオブミラクルお知らせ               14:30 ~ 15:20
      映画「宇宙の約束~いのちが紡ぐ愛の詩~」上映  15:30 ~ 17:10

会場名: 米子市文化ホール(鳥取県米子市末広町293)
入場料金: 1500円(前売り) 2000円(当日)
割引料金など: 高校生以下・障がい者 1000円(前売り) 1500円(当日)、未就学児 無料

主催者: 日本全国、雪絵ちゃんの願い実現キャラバン 山陰チーム

問合せ連絡先: 090-9068-2930
お知らせ : 会場の米子市文化ホールでも、チケットを販売しています。
      託児を準備します。(1500円・2月6日までに要予約/映画毎に15人まで)
      乳児の親子の方のみ、チャイルドルームをご利用いただけます。(無料・要予約/6組まで)



・第3弾3/28(日)東京・渋谷 
           雪絵ちゃんの願い実現キャラバン in 関東

http://www.yonbunnoichi.net/soranoyakusoku/sora_yotei/012596.php
 
03月 28日(日)
時間:  10:00 ~ 17:45 (開場 9:30)
      映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」上映    10:15 ~ 12:00
      映画「光彩~ひかり~の奇跡」上映         12:40 ~ 14:10
      ハートオブミラクルお知らせ            14:30 ~ 15:20
      映画「宇宙の約束~いのちが紡ぐ愛の詩~」上映   15:40 ~ 17:15
      フィナーレ・エンディング             17:15 ~ 17:45

会場 : 国立オリンピック記念青少年総合センター・セミナーホール417
                  (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

入場料金: 1500円(前売り) 2000円(当日)
割引料金など: 高校生以下・障がい者 1000円(前売り) 1500円(当日)、未就学児 無料

主催者: 雪絵ちゃんの願い実現キャラバン・関東
受付HP: http://soranoyakusoku.didit.jp/
問合せ連絡先: メールkiseki@didit.jp (@を小文字に替えてください)
FAX :047-353-6657
電話:090-4518-4489(服部さん)

私たちもスタッフです。


☆その後、愛知・豊橋 4/11(日)、
大阪、札幌、愛媛・松山、岩手・一関、長野、名古屋と、続きます。こうご期待くださいね!



ありがとうございます。


ありがとうございます。





**********************





宮ぷーのプロジェクトの携帯の登録が簡単になりました。ここへ空メールを送るだけで登録ができるようになりました。
a0001012961@mobile.mag2.com
たくさんの方に、読んでいただいたら、きっと宮ぷーの日記が本になることが近づいて来るのだと思います。ぜひ、よろしくお願いします。

宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと

http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/kokorokakehasi.html


1/16、1/17のすばらしい時間。。。



新年、アイニーとGuriちゃんたちと行ったカレー屋さん




こんばんは~。

いつも、ありがとうございます。
ありがとうございます。


今日は、2つ目のブログになります。

このところ、昼間は、ヒーターがいらないときもある東京西地方です。
それなのに、ちょっと風邪引いてます。油断大敵でした。お腹に来たぞ~。
湯たんぽしてます。


先週末のことをまとめてアップを~!と、思ったらいろんな想いが交差して、
書けない~。ごめんなさい!
いつも、そうなんです。京都大学の時も、あれよあれよという間に、まとめられなく、、、。


今見ても、てんつくマンって、おもしろいなぁ~って思うんです。
終わったあと、ロビーでプロレスの技を掛け合っていましたぁ~



1/16(土)のてんつくマン、入江富美子監督、中村文昭さんのコラボレーションの講演会。
バグ~~~ス!(最高!!!マレーシア語)でしたよね~。カネコさんさん!
私は、今回、講師の方の対応:入江ふ~ちゃん監督の対応をボランティアスタッフとしてさせていただいたのだけど、
深く思っていたのは、
「私のとか、誰のとかの縛られた想いにとらわれずに、この一日、どうぞ私をいいふうに使ってください。」
と、いうことを心の底に祈って朝5時半に出かけました。
いつもそう深く思うのだけれど、あの日は特別にそうでした。

入江ふ~ちゃんのお話は、今回で17回以上お聞きする私だけど、
私の中で、どんどん未来につながっていく感じ。

会場でふ~ちゃんのお話の中で使う予定の映像の1つが当日に届いていなくって、
どうなることかと、思ったけれど、
11/22の生き方見本市で使われた映像をネットで送ってもらえることになり、
機転を利かしてくれた、同じボランティアスタッフの鈴木さんには、ほれぼれしちゃいました。
舞台の袖で、映像が流れた瞬間に、大泣きしました。

それから、ふ~ちゃんの担当になった私としては、一番ふ~ちゃんが、のびのび話しやすいようにと、
しっかりお話しを聞くことが、きっとベスト、と、思って前の席で聞かせていただきました。

中村文昭さんも、てんつくマンも、入江ふ~ちゃんも、みんな同じことを自分の体験を通して、
熱かったり、アホだったり(アホって大事なことですよね~。ほんとにアホなんだなぁ~って感じました。)、
自分の中の奥にある自分の声を大事にしているんだ~。
それは、すばらしいんだ~って思いました。

てんつくマンのパート2の映画の挿入歌を歌っている、ファンキストが、
スペシャルライブをしてくれ、テンションはあがりっぱなしになりました!

だって、すごいんだよ~。即興の歌詞がどんどん出てきて、ファンキストのみんなも、
ここにいることを楽しんでくれているんだ~って、ビンビンに響くのだから。

中村文昭さんもてんつくマンも、入江ふ~ちゃんも、一人それぞれ講演会場を満員にする人なんだけど、
3人がコラボレーショントークをしていると、
それぞれのそばに自分たちも一緒になって話している気がしちゃうのです。
何でもできてしまう気がする。

障子紙のようなステージいっぱいの巨大な和紙に、てんつくマンの書き下ろしが、
入江ふ~ちゃんの唄にあわされてされたことも、圧巻でした。
ふ~ちゃんのあの唄に何度、癒されたことだろうかぁ。てんつくマンの書き下ろし、初めて見た。すごいなぁ~。


一人一人のお話や唄などが次の人のお話と共鳴しあって、客席にいる人とも共鳴しあって感動の時間だった。
みんな本当の気持ちを言っているんだ。ものすごく大事な関係に思えました。

そう言えば、入江ふ~ちゃんが、
「今日は、本当にしあわせだよ~。大好きな人と、大好きな人に囲まれている自分が嬉しいなあ。」
って言っていたのです。

お話しの途中で、こんなにすばらしい時間を自分だけが過ごしてしまって、
もったいないことに気づき、急遽仕事に行っている旦那Yや大事な友だちのことを思い出しました。

そうしたら、その友だちは幕間の休憩時間にひょいといて、気が抜けちゃいました。
ミクシィの友だちで、お誘いしたブログを見て参加してくださったフェリーチェさんや、メミさん。
それからコンジャアさんとも、お友だちを紹介し合ったりで、
幕間や終了の時間のごった返すロビーでたくさんの友だちにそれぞれ会うことが出来ました。
人と繋がって言うこと、私のエネルギーの元は、ここにあるのだな~って思いました。

最初からずっと準備を続けてくれたスタッフの人たち、本当にありがとう。
いろんな複雑な思いも、あるにはあるのだけど、それはまぁ、置いておこうと思います。

たくさんのエネルギッシュなすてきなスタッフのみんなと会えたこと、嬉しいことでした。
これから、またずっと続いていく道、わくわくします。

司会の希美ちゃん、いつも、すばらしいけどまた、一段と、良かったな~!
3/7(日)には、すてきなイベントを予定しているよね!
楽しみ、楽しみです。



1/17(日)の千葉の山元加津子さん(かっこちゃん)の講演会も、ものすごい盛況でした。

駅前の複合的スーパーのホールには、たくさんの人が講演開始時間よりも前に集まられて、
私は、今までに山元かっこちゃんのたくさん出版されている本のコーナーを任されていたのだけれど、
どんどんいらしてくださり、本をお求めになられていました。

かっこちゃんのお話は、またまた今までお聞きする中で一番インパクトがあって、

教科書にも載っているきいちゃんのお話から、しゅう君、かおりちゃん、
大ちゃんの詩、そして、かっこちゃん自身のこと、DNAの話、般若心経、イスラエルでの体験、
宮ぷーのこと、「満天の星」と、一気に続きました。

講演会だけのプログラムと言うのは、初めてのことだったけれど、お話に集中して聞けるのって、
大事なことだな~と、思いました。








かっこちゃんが、毎朝発信してくれている、宮ぷーのメルマガがあるおかげで、
初めて行った、さっちゃんの住む千葉や皆さんとも前からのお友だちにさせていただいて、
こんな美味しい美味しい特産のな苺までいただいてしまいました。
どうも、ありがとうございます。

何度聞いても、大好きなで大事なことを教えてくれる山元かっこちゃんのお話しです。

来月は2/21(日)に、埼玉・鴻巣で初企画、
かっこちゃんの付き人の小林正樹さんの講演、山元かっこちゃんの講演が、
1日にあります!
こちらも、ぜひお聞きしたいですね。また、詳しくはお知らせします。


ありがとうございます。


ありがとうございます。





**********************





宮ぷーのプロジェクトの携帯の登録が簡単になりました。ここへ空メールを送るだけで登録ができるようになりました。
a0001012961@mobile.mag2.com
たくさんの方に、読んでいただいたら、きっと宮ぷーの日記が本になることが近づいて来るのだと思います。ぜひ、よろしくお願いします。

宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと

http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/kokorokakehasi.html
12/5 今日!東京・八王子 武市にぽぽさん講演会。。。



三鷹ジプリの森美術館




また、またおはようございます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。


今、からだと、すご~く相談中な私です。(今日3つ目のブログです。)

とても気になる講演会が、あるからです。

お近くの方、ぜひ足をお運びください。

心の中にきっと光るものがみつかると思います。

ありがとうございます。
ありがとうございます。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

講演者、武市にぽぽ君の日記。

11月27日
もう一週間後なのですが、30名席中1名ぐらいしか埋まっていないとのこと。
せっかくの地元なので、満席にしたいなーって思う今日この頃。
もし、八王子近辺でお知り合いの方がいましたら、是非、よろしくお願いします!
応援告知、よろしくお願いします。

前半の『希望の空へ』は、前の同タイトルの原稿を読み返してみて、
やっぱり、私の伝えたいことの中核にあたるなってそう思う。
どんな苦しい時が在っても、必ず、誰かが見守ってくれているし、
必ず、その先には、希望の青い空が広く広く広がっている。
もちろん、苦しい時って、なかなか、そんな空が見えなかったりもするけど、
でも、その向こうには、必ず広がっているんだって信じて、
苦しい時も生き抜いて欲しいってそう私は願うのです。
少しパージョンアップしながら、ゆったりと語っていきたいと思います。

後半は「自分の夢に向かって生きる」。
まずは、希美ちゃんに講演をしてもらって、
2人で「夢」をテーマに話していきたいってそう思います。
どんな感じになるか、ある意味、出たトコ勝負っていう感もあるけれど、
前半の講演の部分もひっくるめて、誰もが希望を持てるような、
そんな良い場になればなってそう思う。

「幸せの種まき人」として生きる日野原希美ちゃんと
「幸せを守る人」として生きる武市にぽぽで、
この八王子に幸せの風を届けることが出来たらなってそう思っています。

みなさま、どうぞ、よろしくお願いします。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 ☆武市にぽぽ 八王子講演会☆八王子クリエイトホール
 2009/12/5(sat) 18:30open 18:45start 21:20close(予定)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

皆様、はじめまして。この講演会を主催した八王子市在住の井原です。

皆様はどのような毎日を生きていますか?自分の夢に向かって生きていますか?
それとも人の評価を気にすることに疲れきっていませんか?
今回は八王子在住で障がい者の武市にぽぽさんを皆様に紹介したく
講演会を企画しました。 武市さんは「骨形成不全症」という障がいを抱えながら、
自分の夢をもって毎日を力強く生きている方です。
皆様にとって大事なことに気づくことができる話が聴くことができると思いますので
是非お越しください。

(武市さんの人柄を知って頂きたく彼の日記の一文を下記に紹介します)

自分のことを自分自身でちゃんと評価できていている人は、
他人に対してもちゃんと評価し受け止め、認め合うことができ、
ポジティブで愛のあふれたお互いの繋がりができる。
でも、みんな、他人の評価ばかり気にし、そこで振り回されているから、
いつも、何事も、他人事のように考えてしまう。
「問題だ」と文句は言うが、当事者にはなれない。
結局、どんなことであっても、自分自身を自分自身でどう思っているか、
どう感じているか、どう評価できるかで、
その部分で外に向かう行動パターンも変わっていくのかなってそう思う。
(武市にぽぽ小冊子2007/06/23「答えはもっと先」より)

元日記は、こちら → http://www.deep-eco.org/myblog/archives/2007/06/post_711.html

     
-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-

『武市にぽぽ 八王子講演会』
  第一部 「希望の空へ」
  第二部 「自分の夢に向かって生きる」

◇日時    2009年12月5日(土)
      18:30 (開場)18:45(開演)21:20(終演)
◇開催場所 八王子クリエイトホール 第5学習室
      八王子市東町5-6 JR 八王子駅徒歩5 分
      (ヨドバシカメラの隣です。)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/gakushu/shogaigakusyu/11506/index.html

◇参 加 費 1200円(学生700円)
◇定 員 30名
◇主 催 井原 亮さん
◇お 申 込 電話 090-1766-1720 (井原)
     メール iharatokyo@mail.goo.ne.jp
         (@を小文字にして下さい)

-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-

【武市にぽぽさん プロフィール】
1972年10月、東京の下町の小さな病院で「骨形成不全症」という骨の病気と共に、
この世に生まれる。幼い頃から差別や偏見、そして病そのものの苦しみを感じていたが、
様々な人との出会いや経験などから”命”への希望を得て、今日まで病と共に生き続ける。
電機機器メーカーで技術職として働く傍ら、環境や平和、国際支援など、
様々なNGOにボランティアとして参加。
最近では、一人一人が自分が生まれてきた役割に気づき、
世界中の人々と共に歩むことが出来る世の中になることを願い、
ブログ「希望の空へ」の随筆活動や講演などを始める。

Be Smile Present's代表        http://www.be-smile-presents.net/
チーム『宇宙の約束』副代表       http://soranoyakusoku.didit.jp/
国際NGOアミウィングス設立メンバー  http://www.ami-wings.net/
ブログ「希望の空へ」  http://www.deep-eco.org/myblog/

【ゲスト講演】日野原希美 プロフィール
桐朋学園大学短期大学部演劇科卒。文学座付属演劇研究所卒。
10代のころから演劇を始め、映像事務所に所属しTVや舞台などで活躍後フリーとなる。
「幸せの種まき人」として常に表現者であることを選択し、役者として活躍する傍ら、
「ショートカッツ」や「Planetia(プラネティア)」を結成し、歌への情熱を注いでいる。
他にも、司会、魅力アップワークショップ講師、ヒーリングなど、多方面で活躍中。
夢は「田舎で暮らす一流の表現者になること」。

ブログ『希美ログ』   http://kimi3.exblog.jp
ショートカッツ  http://shortcuts.didit.jp/
Planetia(プラネティア) http://planetia.hariko.com/

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ありがとうございます。
ありがとうございます。

どうぞ、良い週末をお過ごしくださいね。





宮ぷーのプロジェクトの携帯の登録が簡単になりました。
ここへ空メールを送るだけで登録ができるようになりました。a0001012961@mobile.mag2.com
たくさんの方に、読んでいただいたら、きっと宮ぷーの日記が本になることが
近づいて来るのだと思います。ぜひ、よろしくお願いします。

宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと

http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/kokorokakehasi.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。